新着情報のお知らせ 新商品や在庫販売の詳細など最新情報がご覧になれます 東京都中央区 泰斗株式会社

タイト海外通信「ZOW展 2014」

 

 

ZOW.JPG

 

 

2月10日~13日に開催された「ZOW展2014」(ドイツ・バッドザルツフレン)の初日と2日目を見学した。

 

初日は、入場時間が早かったこともあり、混雑無く見学し易かったが、2日目はさすがに入場者が増えかなり賑わっていた。

また、2日目は初日に比べ東欧系の人々が多くなっていたように感じた。

 

今年のヨーロッパは暖冬ということもあり、日本よりも暖かく感じ過ごし易い気候でもあった。

その分、日本や北米に寒波が押し寄せてきて記録的な大雪になっていたが・・・。

開催する季節も影響しているのか、出展者数は例年に比べ減少している様子でもあった。

 

  

DSC05459.JPG

入口の案内板

 

DSC05461.JPG

受付の様子。初日の出足はこれからか?

 

DSC05462.JPG

入口付近の様子

 

 

[天然木工芸突板]

DSC05465.JPG

弊社仕入先 イタリア・ALPI社のブース

 

DSC05463.JPG

ブティック風の展示

 

DSC05466.JPG

 

 

DSC05468.JPG

壁面への展示(FSC認証品)

 

DSC05467.JPG

アルピコード(フェノールバッカー強化天然木工芸突板)

 

DSC05470.JPG

フリッチから作ったワインボトルのデザイン

 

 

DSC05485.JPG

2年前から展示会で見かけるようになったラフベニヤだが、突板のみならず木口テープにも多く使われていた

 

DSC05477.JPG

 

 

DSC05478.JPG

最近では縦・横ともにブラッシングした柄も多くなった

 

DSC05483.JPG

 

 

DSC05489.JPG

ラフソールを組み合わせた柄

 

DSC05486.JPG

 

 

DSC05493.JPG

有孔ボードの吸音板

 

DSC05494.JPG

横、縦使いのドア

 

DSC05487.JPG

 

 

ラフソール以外に目についた傾向として、朽木・古木などが多く出展されていた

 

DSC05490.JPG

弊社取引先:RoHol社の展示

 

DSC05492.JPG

節や割れ、色あせなどもデザインの一部となっている

 

DSC05491.JPG

クラックを強調した突板使用ドア

 

DSC05474.JPG

壁面にも、朽木や古木が使われている(基材はカラーMDF)

 

DSC05497.JPG

お面は??

 

DSC05496.JPG

年輪をそのまま利用した輪切りのテーブル

 

DSC05495.JPG

 

 

DSC05498.JPG

玉杢天然突板を使ったカバン

 

DSC05499.JPG

木目天然突板を使ったカバン

 

DSC05500.JPG

これも、天然木突板

 

DSC05501.JPG

ハイグロス仕上げだとさらに高級感が増す

 

全体的な感想として、ラフソールは相変わらず目を引いたが、その他朽木・古木がかなり多く出展されていた。

ヨーロッパではアンティーク調の古木系のデザインが流行し始めているのか?

 

色目的には、継続してグレー系やライトブラウン系のものが多く見受けられた。

この傾向はここ数年変わっていないように思う。

 

総合的に、デザインの壁を乗り越えられない何かがあるのか、もう一つ印象に残る物が無いように感じられた。

 

報告者: TAYT  R.F

 

2014/04

泰斗株式会社
〒104-0042 東京都中央区入船2丁目3-8 大日本ピーアールセンタービル3F/4F
TEL:03-6222-3981 FAX:03-3555-0130
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • Clip to Evernote
  • submit to reddit