新着情報のお知らせ 新商品や在庫販売の詳細など最新情報がご覧になれます 東京都中央区 泰斗株式会社

タイト海外通信「Milano Salone 2018」

4月17日~22日に開催されたミラノサローネ2018(正式名称:Salone del Mobile Milano)を視察した。

 

6日間で188カ国から43万人が来場し、出展社も33カ国から1841社にものぼる文字通り世界最大級の家具見本市である。

 

今回は18日~21日の4日間訪問したが、会場内は非常に混雑し、中央の通路はまるで日本の通勤ラッシュのような様相でした。

 

会場内には20ものホールがあり、ゆっくり見て回るには4日間あっても足りない程であった。

 

 

main.JPG

 メインエントランス付近

開場前でこの混雑である

 

 

今回は弊社主要取引先である、イタリア・アルピ社(ALPI S.P.A)の材料であるアルピリニューム(天然木工芸突板)が使用されている製品を中心に見て回った。

 

 BarniniOseoT-1023.JPG

  T-1023 インディアンローズウッド柾を使用

 表面塗装はハイグロスで高級感がある

(この柄の突板は日本にも在庫があります)

 

 

Boffi.JPG

 BF社のT-1823 プランケットグレー?使用のテーブル

 

 

 BoffiB.JPG

 同じくBF社で使用しているT-1822 プランケットサンド柄

 

 

CadoreT-1818.JPG

CA社で大々的に使用しているT-1818 ターシエ1グレー

表面はハイグロス塗装

 

 

CadoreT-1401.JPG

 同じくCA社でT-1401 デイアンドナイトツイルを使用したキャビネット

全面ではなく、他の突板と合わせて利用すると柄のうるささが消える

 

 

CadoreT-1403.JPG

 こちらもCA社で使用のT1403 フレーム

表面ハイグロスで、突板ではなく実際の製品として見るとまた趣が変わります。

 

 

IMG_1898.JPG

こちらもCA社のエボニー柄(象嵌)のテーブル

 

 

DiTreItaliaT-1402.JPG

DT社で使用のT-1402 スモーキーヴェルべット

 

 

MorosoT-1801.JPG

 MR社で使用のT-1801 ストライプドホワイト柾

(日本国内に突板在庫あります) 

 

  MorosoT-1871.JPG

こちらもMR社でT-1871 ソットサスデザイン柄

 

 

OfficinacianiT-1095.JPG

OF社のT-1095 プランケットウォールナット板柾を使用したテーブル

 

 

RossettoT-1831A.JPG

RO社はT-1831 ピラクルをヘッドカバー部に使用

 

 

RossettoT-1831B.JPG

分かりづらいのでアップするとこのような感じ 

 

 

RubelliCasaT-1003.JPG

 RE社で使用のT-1003 エラブルフリゼ

 

 

T-1307.JPG

T-1307 エボニーアイボリー柾使用のローテーブル

 

 

T-1401.JPG

T-1401 デイアンドナイトツイル使用のキャビネット

 

 

T-1402.JPG

T-1402 スモーキーヴェルベット使用

 

 

T-18182.JPG

T-1818 ターシエ1グレーを部分的に使用したキャビネット

 

 

TumideiT-1019A.JPG

TD社で使用のT-1019 プランケットウォールナット板柾

日本国内に突板在庫のある柄です

 

 

TumideiT-1019B.JPG

ベッド収納時

より木目が目立つが、工芸突板なので色柄も安定します

 

 

ZanaboniT-1042.JPG

ZA社で使用のT-1042 アマーラエボニー柾

この柄を使用している製品はいまだに多い

 

 

 

  その他、古木(もしくは古木風素材)を使用した製品も多く見受けられた。

 

IMG_1877.JPG

弊社でも扱いのあるクラックベニヤを使用 

 

 

IMG_1904.JPG

 

 

IMG_1940.JPG

 木口部のみ凹凸をつけても面白い

 

 IMG_2132.JPG

こちらもクラックの入ったベニヤ 

 

 IMG_2178.JPG

 エンドグレインを利用したローテーブル

 

 

IMG_2179.JPG

カットした丸太(樹皮付き)をデザインとして利用 

 

 

IMG_2182.JPG

 

 

 IMG_2183.JPG

 エンドグレインをデザイン的に貼り合わせたキャビネット

 

 IMG_2187.JPG

 

 

 IMG_2193.JPG

 

 

IMG_2197.JPG

 

 

IMG_2198.JPG

 弊社で取り扱いのある「プレイゲボード」を使用すればこの様な深いエンボスの見せ方も可能

 

 

IMG_2208.JPG

 

 

IMG_2215.JPG

 

 

IMG_2216.JPG

 

 

IMG_2288.JPG

 

 

2年前に比べて古木を使用した製品が増えているので、トレンドはまだまだ続くと思われる。

 

また、形や材料は様々だが、デザインとして凹凸を取り入れたある製品が増えているように感じた

 

IMG_1879.JPG

 

 

 

IMG_1918.JPG

 

 

IMG_2221.JPG

 

 

 

 

IMG_2231.JPG

 

 

 

IMG_2233.JPG

 

 

 

IMG_2238.JPG

 

 

 

 

IMG_2268.JPG

 

 

弊社で扱いのある成型合板「Grada」を使用すれば製作可能であろう製品も多く展示されていた

 

IMG_1873.JPG

 

 

 

IMG_1920.JPG

 

 

 

IMG_1938.JPG

 

 

 その他、個別に気になった製品もあった。

 

colormadf.JPG

 イノバスカラーMDFのベリーを使用したディスプレイ用什器

 

 

woodtape.JPG

 タイトウッドテープを使用すれば製作出来そう???

 

 

テーブルトップはメラミンなどの材料だが、木口や芯にのみ木質材を使用しているケースも多く見受けられた。

 

IMG_2276.JPG

  

 

IMG_2277.JPG

 

  

IMG_2281.JPG

 

 

 IMG_2245.JPG

 

 

IMG_2241.JPG

 

  

 end.JPG

 

 

今回はアルピリニューム(天然木工芸突板)を使用した製品が予想以上に多く、非常に参考になる展示会であった。

 

お祭りムードも多いが、トレンドを知る上では欠かせない展示会である。

 

2019年のミラノサローネは4月9日~14日に開催される。

 

報告者:R.F

2018/05

泰斗株式会社
〒104-0042 東京都中央区入船2丁目3-8 大日本ピーアールセンタービル3F/4F
TEL:03-6222-3981 FAX:03-3555-0130
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • Clip to Evernote
  • submit to reddit