新製品や展示会情報等最新の情報がご覧いただけます 東京都中央区 泰斗株式会社

新着情報

「クラックベニヤ」 販売開始のお知らせ

この度、天然木突板合板「クラックベニヤ」の販売を開始致します。

クラックベニヤは、古木をスライスした突板合板です。

crack.jpg

無垢の木を使用することなく、表面を化粧するだけでヴィンテージ感が表現出来ます。

同じ柄が二つと表現出来ない唯一無二のオリジナリティ溢れるデザインも魅力的。

 ◇標準規格(受注生産品)

 樹種:オーク

 基材:合板・MDF

 厚さ:4.0mm、2.5mm

 サイズ:910mm × 2,420mm、1,210mm × 2,420mm

 ベニヤコート:黒

◇価格は別途お問い合わせください。

溢れるヴィンテージ感、醸し出す重厚感と温もりをご堪能ください。

お問い合わせはこちらから。

 

crackver02mod.jpg

2016/10/12

タイト海外通信「Milano Salone 2016」 ー②ALPI編ー

ミラノサローネ2016の開催に合わせて行われた、ALPI社のGLOBAL MEETINGにおいて、ALPILIGNUM(アルピリニューム)の新柄が発表された。

また、コレクション自体も大幅に見直しが行われた。

 

●ALPILIGNUM(アルピリニューム)

・ALPI Collection Wood(全71モデル)

うち11モデルが新しい品番となった。

"SILVER"と"WOOD+"という新しい商品群が追加となった。

 16.02.jpg

16.02  Radiant Natural

 

16.12.jpg

16.12  Silver Rail Black

 

 

・ALPI Collection Designer(全18モデル)

3組のトップデザイナーを起用した新しいデザインを発表

 

    ・Piero Lissoni(14モデル)

    ・The Campana Brothers(2モデル)

    ・Front(2モデル)

 

また、Piero Lissoni氏はALPI社のART DIRECTORにも就任した。

 

<Piero Lissoni>

18.13.jpg

18.13  Tarsie 2 White

  

18.14.jpg

18.14  Tarsie 2 Black

  

18.15.jpg

18.15  Tarsie 3 Sand

  

18.16.jpg

18.16  Tarsie 3 Black

  

18.17.jpg

18.17  Tarsie 1 Sand

  

18.18.jpg

18.18  Tarsie 1 Grey

  

<The Campana Brothers>

18.31.jpg

18.31  ALPI Pirarucu

  

18.32.jpg

18.32  ALPI Piacava

 

<Front>

18.41.jpg

18.41  ALPI Drapery Wood

  18.42.jpg

18.42  ALPI Grid Wood

 

*現物サンプルは弊社ショールームにてご覧いただけます。

 

 

これらの新品番に関しては、9月より販売開始予定です。

 

 

●MILANO SHOWROOM開設

 

2016年4月12日、ALPI社の新しい常設ショールームがミラノのソルフェリーノ通りにオープンしました。

 

            住所 : Via Solferino, 7, Milano

 

ミラノにお出掛けの際は是非お立ち寄りください。

 

showroom_01-570cd05347446.jpg

 

報告者 :  R.F

2016/08/10

ホームページリニューアルのお知らせ

この度、弊社ホームページをリニューアル致しました。

本社4階に新装した「ショールーム」や、新製品「TAYT成型用合板Grada」のご案内の他、

アルピリニューム」、「カラートーンオーダーシステム」の新柄、「タイトウッド厚物テープ」、「タイトウッドHIKIZAI」、「イノバスカラーMDF」のご紹介等、

弊社の最新情報を発信しております。

是非ご覧のうえ、サンプル請求等お気軽にお問合せください。

サンプル請求・お問合せはこちら

2016/08/01

タイト海外通信「Milano Salone 2016」

4月12日~17日に開催されたミラノサローネ2016、今回初めて視察を行いました。

毎年30万人以上が来場する世界最大級の家具見本市であり、世界のデザイナー達が注目するデザインの祭典でもある。

初日である12日から3日間訪問したが、会場内は来場者が非常に多く、中央の通路は通勤ラッシュの様なありさまであった。

会場内には24ものホールがあり、ゆっくり見て廻るには3日間でも足りない程である。

今回はターゲットを絞り、当社で扱いのある(扱い出来そうな)材料を中心に見て回った。

 

IMG_6365.JPG

 会場入口付近

ゲートには入場の順番待ちの列が 

  IMG_6632.JPG

 

 

 IMG_6371.JPG

壁面装飾

突板の使われ方も面白い

  

IMG_6382.JPG

木目の組み合わせでデザイン性を表現

  

IMG_6383.JPG

 

  

IMG_6386.JPG

 ライティングによって家具の引き立ち方も変わる

  

IMG_6388.JPG

木目とメタルを組み合わせた見せ方も多くなっている 

 

 IMG_6421.JPG

 

  

IMG_6484.JPG

 裁断時に切り込みを入れたのか?斬新なデザイン

  

IMG_6487.JPG

 座部がコルクになっていて柔らかく座り心地が良さそう!?

  

IMG_6499.JPG

 弊社取扱いのinnovus colour MDF

 

 IMG_6502.JPG

今回は什器として利用されていた 

 

 IMG_6513.JPG 

棚板にカラーMDF(グレー)を利用すればこんな感じに!

  

IMG_6504.JPG

 木目にシルクスクリーン?でデザインを入れるのも面白い

  

IMG_6506.JPG

突板単板を重ねて作り上げた椅子

弊社のウッドテープでも同様のものが出来そうそうである

 

 IMG_6508.JPG

こちらも同じく突板単板から作りあげたもの

   

IMG_6511.JPG

凸凹をつけた天板

どの様に作ったのか興味深い・・・

 

   IMG_6515.JPG

写真だと見えづらいが細かく寄木調になっている 

  

IMG_6518.JPG

コルクのようなキッチン台

  

IMG_6525.JPG

 突板を利用したシェード

  

IMG_6526.JPG

 新素材のコーナーに展示されていた材料

天然木とアクリル樹脂の組み合わせ 

  

IMG_6710.JPG

上の材料(木とアクリル樹脂)を組み合わせたらこのような感じに

  

IMG_6699.JPG

WOOD + αでかなり見え方が変わる

  

IMG_6528.JPG

 まるで木のような陶器

  

IMG_6558.JPG

上の陶器を使用した洗面台?

  

IMG_6529.JPG

Interzumで見つけたOrganoid社の草・花・実などをプレスして固めた化粧板

新しい材料として紹介されていた

  

IMG_6541.JPG

  

IMG_6542.JPG

 アルピ社のRadiantを利用すれば同じように半透明に出来る!

 

 IMG_6550.JPG

アルコンパクトを使用した洗面台

  IMG_6551.JPG

 同様の製品は弊社でも取扱いが可能です

  

IMG_6555.JPG

 曲線を描いた洗面台

   

IMG_6576.JPG

 天然木工芸突板を使用?

  

IMG_6581.JPG

  

 

IMG_6584.JPG

 同色の木材だが、形状を変えてデザイン性をUp

  IMG_6586.JPG

 色々な材料の組み合わせが増えている

  

IMG_6634.JPG

こちらも木目+

  

IMG_6605.JPG

デザイン的には面白い

   

IMG_6645.JPG

 和のテイストを加えたデザイン

  

IMG_6649.JPG

 内側にのみ木目柄を使用

 さりげない高級感が漂います

  

IMG_6650.JPG

 こんな感じでかなりオシャレに!

   IMG_6652.JPG

 ウェーブソール的なエフェクトを加えて

  

IMG_6662.JPG

 アルピ社の材料で同じような柄があったような・・・?

  

IMG_6663.JPG

 これもアルピ社の柄に似ている

   IMG_6711.JPG

クラシック調な家具にはまだまだ黒檀(特にハイグロス)が多い

 

 IMG_6644.JPG 

ビリヤード台にもハイグロス

 

  

また、成型合板を使用した椅子などは、弊社取扱いのUPM Grada成型用合板を使用すれば出来そうな形状が多かった。

 

IMG_6494.JPG

 

 IMG_6534.JPG

  

IMG_6672.JPG

  

IMG_6681.JPG

  

IMG_6703.JPG

  

IMG_6607.JPG

  

IMG_6608.JPG

成型合板でこのような棚を作ったら面白い

 

 今回、圧倒的に目を引いたのはやはり古木・朽木調の家具が多かったことである。

この流れは当分続くものと思われる。

  

IMG_6414.JPG

  

IMG_6415.JPG

キッチンでも古木柄の利用は多かった

  IMG_6713.JPG

 

  IMG_6416.JPG

テレビラックも!

 

 IMG_6549.JPG

 洗面台も!

 

 IMG_6562.JPG

バスタブまで・・・・

さすがにこちらはメラミン化粧板でしたが

 

 IMG_6567.JPG

 ヴィンテージ感が出ていてオシャレな洗面台に!

 

 IMG_6647.JPG

故意にクラックを入れたデザインも多く見られた 

   

IMG_6701.JPG

木で作った自転車

乗れば乗るほど味が出そう 

  

IMG_6714.JPG

 

色目的にはグレー系よりも、ダークブラウン系が多く見られた。

トイレやバス、洗面台にはまだグレー系が多いが

高級家具にはエボニー(黒檀)やバール系のハイグロスがまだまだ人気である

前述したが、古木調やWOOD+αの素材を使用した家具がかなり目を引いた展示会であった。

材料を扱う者として、トレンドを知る上ではかなり有意義な展示会であった。

2017年のミラノサローネは4月4日~9日の開催となります。

 

 報告者 : R.F

 

2016/04/21

TAYT成型用合板Grada(グラダ)在庫販売のお知らせ

加熱して木型に入れプレスすることにより簡単に成型が出来る、画期的な成型用合板です。
UPM社によって開発された新しいGradaテクノロジーは、成型プレス工程を短縮し、効率性を大幅に向上させます。

製品詳細はこちら

(上記ページではGradaの製品紹介動画(YouTube)もご覧いただけます)

grada.jpg

 

2016/02/01

カラーMDF新色(イノバスカラーMDF)在庫販売のお知らせ

従来の「トパンカラーMDF」が、名称も新たに「イノバス(innovus)カラーMDF」となり、上品な風合いの新色(5点)が加わりました。

製品詳細はこちら

豊富なカラー、簡単な加工、仕上がりの美しさで、天板・箱物・仕切り板・店舗什器・創作家具類・幼児用家具等、多様な用途展開が可能なMDFボードです。

mdf.jpg

 

2016/01/05

Newショールーム開設のお知らせ

 

この度弊社では、本社4階に新しくショールームを開設致しました。

 

イタリア ALPI社のアルピリニューム(天然木工芸突板)を中心に最新のヨーロッパのトレンドを発信してまいります。

 

アルピリニュームの塗装仕上げ、二次加工品、また600x600mm角での突板単板、更に関連製品をご覧頂けるように展示しております。

 

     ・オープン : 11月9日(月)~

 

     ・時間 : 10時~17時

 

     ・休日 : 土日祝日、年末年始 及び弊社休業日

 

        *ご訪問の際は出来るだけ事前にご連絡くださいます様お願い致します。

        *受付は3階 泰斗㈱オフィスとなります。

 

皆様のご来社をお待ちしております。

 

 

2015/11/04

タイト海外通信「SICAM 2015」

10月15・16日とイタリアのポルデノーネで開催されたSICAMを視察してきました。

当日はイタリアらしからぬ曇り空で、時折激しい雨も降り注ぐ悪天候でした。

しかし、会場内は3日目(木曜日)ということもあり、来場客でごった返し昨年よりも盛況であった。

 

IMG_5270.JPG

メインエントランス前

 

IMG_5272.JPG

 

 

●ALPI社(イタリア)

弊社の主要取引先である。

前回のInterzumに比べるとシンプルなブースになっていた。

 

IMG_5328.JPG

 

IMG_5333.JPG

受付のテープルの腰板にデザイン性に富んだ突板を使用

 

IMG_5332.JPG

主にAlpikord(フェノールバッカー強化天然木工芸突板)やAlpirobur(メラミン化粧板)を展示

 

IMG_5331.JPG

 

 

IMG_5329.JPG

  

 

IMG_5277.JPG

 

ゴールド色を塗装してブラッシングしたAlpikord

有名ブランドショップの内装材として採用されています。

 

ALPI社としては、突板単板での販売よりも加工した化粧板(Alpikord & Alpirobur)に力を入れているように感じられた。

 

また、Radient(アクリル板を挟んでスライスした半透明の単板)やSilver Rail(アルミを挟んでスライスした単板)など、従来の突板の枠を越えた斬新な製品が増えてきている。

但し、価格的に使用するにはハードルが高いと思われる。

 

●Tabu社(イタリア)

主に天然木の染色単板を得意とするメーカーである。

 

IMG_5340.JPG

 

 

IMG_5282.JPG

ブース内は盛況であった

 

IMG_5339.JPG

大判で使用したら面白いデザイン

 

IMG_5341.JPG

カラフルな染色単板が多い

 

 

●EDILLEGNOTRANCIATI社(イタリア)

ALPI社のイタリア国内の代理店のひとつ

古木・朽木系の天然木突板を得意とする

 

IMG_5294.JPG

 

 

IMG_5293.JPG

 

IMG_5295.JPG

 

IMG_5296.JPG

弊社もInterzumで見つけ興味を持ったORGANOID社の草・花・実などの化粧板を取り扱っていた

 

●その他

 

IMG_5288.JPG

Metaflex社

 

IMG_5287.JPG

型押し成型

 

IMG_5302.JPG

LATHO社ウッドパネル

MDFなどにベニヤを貼り合わせた化粧板

 

IMG_5279.JPG

CONFALONIERI社ブース

色目の傾向はここ数年変化が無く、グレー系・ライトブラウン系が多い

 

IMG_5337.JPG

 

IMG_5338.JPG

メラミン化粧板もヴィンテージ調の柄が増えている

 

IMG_5321.JPG

 

IMG_5298.JPG

TOP LINEA社

やはりここもグレー系が主流

 

IMG_5289.JPG

 

IMG_5301.JPG

 

IMG_5323.JPG

Braga社のブースではAlpilignumのDesign Collectionを使用したドアを展示していた

これらの単板は弊社でも取り扱い可能です

 

IMG_5322.JPG

 

IMG_5324.JPG

 

IMG_5334.JPG

弊社の取引先でもある、3B社ブース

 

IMG_5291.JPG

ALFA WOOD社の製品

 

IMG_5342.JPG

 

 

IMG_5300.JPG

 

 

IMG_5299.JPG

 コンクリート調の材が増えてきている

 

IMG_5303.JPG

 

IMG_5304.JPG

 

IMG_5320.JPG

 アルミニウムやABSを3次元成型した材(特許出願中との事)

 

IMG_5318.JPG

 

IMG_5281.JPG

 

IMG_5319.JPG

 

IMG_5317.JPG

インドの石を薄くスライスしてシート状にした材

 

 

カラーの傾向としては、今までのグレー系は相変わらず多かったが、それ以外にライトブラウン系が再び増えてきたように思えた。

木目柄としては、ハーフクラウン(板柾)が圧倒的に多かった。

また、古木・朽木系は相変わらず人気があり、しばらくはこの流れは続きそうである。

但し、ウッド系よりもコンクリート調の材料の方が目に付く感じでもあった。

全体としては、Interzumと違いなかなか新しい製品を見つけるのが難しいが、トレンドを追うには分かり易い展示会である。

 

2015/11/04

タイト海外通信「INTERZUM 2015」

 

5月6日~8日の3日間、ドイツ・ケルンで開催されたインターツム(以下Interzum)を視察した。 

 

IMG_4247.JPG

 

久し振りのInterzumで会場の広さは相変わらずである。

 

3日間では充分に見学が出来なかったが、弊社の取引先を中心に新しい商品・トレンド等を掴む事が出来た。 

 

 

 

●ALPI社(イタリア)

 

弊社の主要な取引先である。 

 

ALPILIGNUM(アルピリニューム、天然木工芸突板)の新柄・新商品をブース中央に展示しており、ALPIKORDの塗装(マット、ハイグロス)とメタリック塗装が目を引いた。

 

 

IMG_4264.JPG 

 

 

また、接着層にアルミ箔やアルミニウムを入れた突板(SILVER RAIL)の展示が新鮮であった。

 

IMG_4265.JPG

 

 

IMG_4258.JPG

 

 

 

ブース中央のカウンターには、今回ブルガリに採用された寄木柄をウエンゲ柄で引き立つ様に貼り合わせ、デザインの良さを強調。 

 

 

IMG_4260.JPG

 

 

ブース中央の5Mの柱には、今年流行のグレー系の突板のパネルを展示し、遠目にハッキリと判る板目柄の大柄のブックマッチでさりげなく見せていた。

 

ブースの外側のパネルはアルピコレクションを塗装品で展示。

  IMG_4314.JPG

 

 

受付のカウンターの腰板には、突板にアクリルを挟んだ透明性のあるALPI RADIANTを使用。

 

IMG_4267.JPG

 

ブース全体が明るく感じられた。

*ALPI RADIANTはInterzumのBest of Best Awardを受賞

 

今までのALPI社の展示とは違い、新しく斬新な商品がたくさん展示されており見ごたえのあるブースとなっていた。 

 

●ROHOL社(オーストリア)

 

弊社製品ラフベニヤの供給元である。

 

ラフソール(鋸目)、ウェーブソール(波目)に着色した突板のパネルやクラックのオーク材等を展示。

(この手の商品は各社一斉に出展していた)

 

IMG_4249.JPG

 

 

IMG_4250.JPG

 

また、別室ではLEDに反応する蓄光を接着剤に入れた商品を展示していた。

 

IMG_4253.JPG

 

 

IMG_4254.JPG

 

店舗やホテルなどに採用したら面白そうな製品であった。

 

 

●GLUNZ(ドイツ)

カラーMDF(トパンカラーMDF)の輸入先。

 

今回、ブランド名をメラミン化粧板などと統合し「Innovus」へ変更(TOPAN COLOR名は使わなくなる)

 

また、今回のInterzumではカラーMDFの新色を発表。

 

ブラック以外のレッド、イエロー、ブラウン、ブルー、グリーン、オレンジは廃番となった。

 

代わりに新色として、ロイヤル(ブルー)、ベリー(レッド)、カレー(イエロー)、テラ(ブラウン)、グレーの5色が増えた。

(オレンジとグリーンは完全に廃番となる)

 *弊社の在庫も無くなり次第変更予定

 

新色は従来の原色に近い色から、全体的に深みのある上品な色になったと思う。

(写真などは近日中にアップします)

 

 

●DANZER(ドイツ)

弊社3Dベニヤ(3次元成型合板用の単板)の供給元

 

IMG_4286.JPG

ここの3Dベニヤはイスの成型が主である。

 

また、Danzerとしては突板の製造も行っており、今回アウディに採用されたコンソール部の成型品を展示してあった。 

 

 

IMG_4283.JPG

 

突板にアルミニウムを挟んだALPIのSHINY RAILと類似の商品であった。

 

 

●メラミン関係

HOMAPAL社、ABET社を見学したが、特に目新しさは感じられなかった。

メタリックのハイグロスエンボスに力を入れていた。

 

 

●その他

・O社

天然素材(草・花)を使用した化粧板メーカー

 

天然の草・花・実(コーヒー)等をバッカーの上に化粧した新素材を出展。

 

IMG_4277.JPG

 

見た目も斬新だが、天然素材をそのまま使用しているので、それぞれの素材が持つ良い香りが魅力的であり、その香りは10年も持続するという。

 

吸音効果のあるパネルにすることも出来るので、視覚的な効果だけでなく、色々な場面で利用できそうな材である。

 

IMG_4279.JPG

 

エコを打ち出したい店舗・オフィスなどの内装の壁面や什器に使用したらかなりインパクトのある材であると思う。

 

素材としては非常に面白いが、懸念材料としては価格がかなり高いこと。

 

使用方法などを含め、今後詰める必要がある。

 

 

・I社

鉄錆を表現した内装材を展示。

 

IMG_4281.JPG

 

 

触っても粉などの汚れが手につかず、芯材に本物の鉄を使っているので磁石がつくという。

 

創作家具、店舗壁面や展示用什器などに使用したら面白い材である。

 

 

 

・U社

成型用合板を展示。

 

 

これまでの2次元・3次元の成型合板は金型などの設備の費用の問題で中々簡単には新しい形状のものを生み出せなかった。

 

 

ここの製品は特殊な接着剤を使用することにより、市販のホットプレートやジャッキで作成したプレス機で手軽に成型品が作成できるという革新的な商品であった。

 

 

IMG_4288.JPG

 

実際に目の前でデモンストレーションを行ってくれ、ホットプレートで3分、木型で2分プレスしただけで簡単に成型品が出来上がった。

 

 

量産の場合は木型ではなく、スティール型を使用した方が冷却などが迅速に出来るのでお勧めとのことであった。

 

 

それでも、今までのプレスを考えたら、時間やコストを抑えられることは間違いない。

 

 

 

 

今年のInterzumの印象は、天然木突板ではユーカリ等、今まで突板としては使われていない材が出てきた。

 

色目的には天然木工芸突板、印刷紙等もグレー系が目立った。

 

 

また、ラフベニヤ、クラック等の突板も各社出展しており、トレンドは続くと思われる。

 

次にくるのは古木調の材であるが、持続性があるかは疑問である。

 

 

新しい商品としては天然素材の材料や成型の技術等、新しい風が吹きそうな予感がする2015 Interzumであった。

 

 

 

 

報告者:TAYT T.T

 

 

2015/05/26

「タイトウッド HIKIZAI・挽材」 在庫販売のお知らせ

この度、天然木積層木口材「タイトウッド HIKIZAI・挽材」の在庫販売を開始致します。

製品詳細はこちら

昨年発売をし好評を頂いております「タイトウッドテープ厚物(1.0,2.0,3.0mm)」に続くタイトウッドシリーズ第二弾です。

積層材ですので、反り・ネジレ・割れが少なく、厚物木口材として経済的で幅広い用途展開が可能です。

300mm、610mm巾も品揃えしました。

標準在庫は以下の通りとなっております。

 

 

◇標準在庫品

 

  樹種名 : シナ、ナラ、シオジ(タモ)、ウォールナット  

  厚さ(呼称) : 3.0mm, 2.0mm

  巾 : 20, 22, 24, 26, 28, 30, 33, 35, 38, 40, 45, 50, 55, 300, 610mm

  長さ : 2420mm

  構成 : 3.0mm (シナは5層共芯、その他樹種は天然木同色芯3層)

        2.0mm (シナは4層共芯、その他樹種は天然木同色芯3層)

  標準梱包 : 20~30mm巾の場合 = 30本

           33~55mm巾の場合 = 20本

           300,610mm巾の場合 = 2枚 

  標準在庫 : 3.0mm (= 全サイズ常備)

           2.0mm (= 300, 610mm巾のみ)

 

◇価格 : 別途お問い合わせください。

 

  

* 現物サンプルはこちらからご請求ください。

 

 

2015/03/09