泰斗株式会社及び取引企業が出展する海外展示会情報・建装内装材業界情報を配信 東京都中央区 泰斗株式会社

TAYT海外通信

タイト海外通信「ZOW展 2009」

10月21日から24日の4日間ヴェローナ市(イタリア)で開催されたZOW展示会に参加しました。

昨年まで同展示会は、ポルデノーネ市で「SICAM」という団体との共同開催で行われていましたが、それぞれ別々に単独での開催が10月に行われました。

SICAM展示会がどのような結果だったか、詳(つまび)らかではありませんが、ZOW展示会は、惨憎たるものであったと思います。出展社数も公称では300社とのことですが、それ以下であることは確実であり、内容もメーカーが積極的に「オリジナルな商品・アイデア・加工技術を紹介する」というコンセプトが果たされていたか疑問でした。又、今までのZOW展示会とは趣が異なり、商社・販売店などが「メーカー」に代わって出展していたと思えるほどでした。

当社仕入先のアルピ社は、ZOW展には常連でしたが、経費節減、初回の展示会の評価を見定めるため展示を取りやめたとのことでしたが、イタリア国内の販社の一つ「EDILLEGNO社」が最新情報を提供するという形で、環境問題へのアルピ社の取り組みをアピールしていました。アユース材のOLB(木材の原産地と合法性)認証に続き、年内にはFSC®認証に基づき、CoCを取得(認証団体はSGS)するということでした。アルピ社の国内営業・海外営業・技術部の担当者がアテンド応援をしていました。

いつも、ZOW展のカタログ(出展社・製品別小冊子)の末尾には、来年の開催予定日が案内されているのに今年のカタログにはそれがありません。来年の開催予定(2010年10月13日~16日)が出ていたことを付け加えておきます。

化粧紙メーカー(印刷会社)も主だったところは見当たらず、印象に残ったのはドイツのIMPRESS DECOR社(www.impress.biz)くらいでした。

どうしても立ち寄ってみたかった会社に、THERMOPAL社(www.thermopal.com)があり不燃化粧板(欧州規格のEN13501-1,A2-s1,d0)の情報提供を求めるつもりでしたが、出発前に見たホームページ程度で、同社は営業方針を転換しており、パナソニック向けのLMC(低圧メラミン化粧板)が終焉し日本代表部を閉鎖、欧州市場に営業努力を注力することに決めたとことでした。

ここ数年に亘り増大している「不燃化粧板」の需要を踏まえ同社の品質がどの程度の水準か見極めて見たかったが些か残念な思いをしました。

今まで、海外の大手HPL各社が日本への進出を企て、その都度失敗し撤退しておりますが、彼らにとって日本市場に腰を据えて居続けるには「商流難解・困難・不採算」であり、結局のところ指定品番が特定のプロジェクト用に仕向けられるしかないのは、仕方ないことなのでしょうか?

低調な展示会の中で興味深かったのは、環境対策を意識したECO商品は、100%リサイクル・ペーパーとカシューナッツ・シェルから抽出したフェノール樹脂を主原料としたUSA「パネルテック社」製の「PaperStone」でした。商品としてはほぼ厚物HPLの外観・性状そして用途も同じようです。

この商品に関連し展示会には出展していませんでしたが、当社が取り扱っているドイツのデコデュール社から「グリーン・ラミネート」という名称の高圧メラミン化粧板が紹介されています。違いはコア層で、クラフト紙はNATRO社(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の製品で50~80%が再生紙、残りはFSC®(森林管理協議会)が承認したパルプを使っています。

又、含浸用の樹脂は今までの石油化学製品を原料とするフェノール樹脂ではなく、植物由来(サトウキビ)の樹脂を使っています。お問合せは、当社までご連絡頂きたいと思います。

報告者: TAYT M.A

2009/12/07

タイト海外通信 「インターツム展 2009」

0528a.jpg

今年で50周年を迎えたインターツム展(5月13日~16日 ドイツ・ケルン市)に参加しました。50年前といえば1959年=昭和34年、高度成長期の序章の頃です。その当時の状況がどのようなものであったか知る由もありませんが、その後、何度か参加した頃の記憶、最近2~3枚の記憶を繋ぎ併せて想像すると、化粧材という商品が欧州では過去一貫して高メラ・低メラ化粧板、そして天然木工芸突板が主流を占めて生態学的ニッチに様々な化粧材料が浮沈を重ね小進化を繰り返して来たと思います。
昨年らの未曾有或いは100年に一度の恐慌下、どのような生き様を示すのか大変興味深い機会でした。

フォーマイカ社やウィルソナート社など北米勢は出展せず、欧州の各社は生き残りを賭けて、大進化・何度目かの再編・グループ化が進行中と思います。フライドラー社系列には、ウッデゴ社、デュロバル社、テルモバル社を収め、ホマパル社・ホマニット社が、同じ展示方法で自社品を出展していました。聞けば出展費用を抑えるためとのこと。おそらく3社のグループ化が進むのだと判断しました。イタリアでも同様の傾向は既に進行中です。

レゾパル社は低メラ・高メラ板で汎用品を、デコデュール社はメタル天然木化粧板、ポリレイ社は大胆な色使いの抽象柄を軸に出展していました。数年前には1~2社程度の会社が高メラ化粧板の表面層に突板を積層した化粧板を上市していましたが、最近では各社が夫々品揃えしてきたのには驚いています。省みて、日本の高メラ各社が小進化も、大進化もままならず後れを取っているのは残念というべきです。

3次元成型品メーカー・リホルツ社(弊社が日本国内の輸入元)は、椅子を主体に新デザインの提案をしており、概ね予定通りの商談があったとのことでした。

今までは、大手印刷会社の「色」「柄」の傾向・特徴を報告して来ましたが、今年はそうした内容を捉えることはできません。拡散・分散が顕著でした。敢えていうなら、シャット・デコール社のような「平凡なウォールナット系」の木目柄(横目)が主流ということになります。

前回同様、5号館が全てが突板関連を出展し(前回より出展者数は減少)、突板製品への回帰が顕著です。中国からも3社程度が「人工突板・多層積層突板」を出展していました。夫々に「合法材・持続可能な木材資源管理」への対応を尋ねましたが、全て曖昧な回答で、何もできていない、警戒すべき水準でした。

化石燃料をひたすら消費し続け、或いは、フィルム・シート化した製品、野放図な森林伐採・違法伐採の結果、地球温暖化・環境破壊・未体験ウィルスの来襲など、今までの生産システムを根本から改めなければ生き残れない経済環境に直面した資本主義経済・商品経済の体系が、化粧材料の分野では、低メラ・高メラ、そして、再生可能な合法材を主流にする「突板」に集約されるのでは。という予感が確信に変わった今回のインターツム展でした。

報告者: TAYT M.A

2009/05/22